沖縄のホームページ制作のクラウドスタイル

沖縄のホームページ SEOはクラウドスタイル

 050-5866-6853

営業時間9:00〜18:00

コラム

[Xサーバー]Gmailでどうしても迷惑メールに入ったりオレンジ色の警告が出て消えない時の対応

投稿日:

Xサーバーの同じドメイン同士のメールやり取りなのに、何故か迷惑メールに入ってしまうことがあります。

毎回「迷惑メールでない」を押しているのにもかかわらず。。

そして、対策としてお互いを「連絡先」に入れてもダメ。。

フィルターで「迷惑メールに入れない」にチェックいれてもダメ。。

そんな時はサーバー側のSPFを見直してみましょう。

Gmailでの警告はこのようなオレンジ色の警告が出る。

参考サイトは色々とありましたが、どれも解決に至りませんでした。

私は、下記のやり方で解決することができました↓↓↓

,Gmailにログインして、オレンジ色の警告が出ているメールを右上の3つの点から「メッセージのソースを表示」でメッセージのソースを見る。
この部分

認証-結果:mx.google.com;
spf = softfail(google.com:移行のドメイン「hoge@ドメイン.com」は「IPアドレス」を許可された送信者として指定していません)smtp.mailfrom = 「hoge@ドメイン.com」
受信-SPF:softfail(google.com:移行のドメイン「hoge@ドメイン.com」は「IPアドレス」を許可された送信者として指定していません)client-ip = 「IPアドレス」;

を確認。

softfailになっていることを確認と「IPアドレス」のipアドレスをメモる。

,Xサーバーにログインして、自分のサーバーのIPアドレスをメモる。

,サーバーのDNS情報を変更する。
「DNSレコード設定」で下記のような(おそらく一番下)のものをメモっておく(失敗した時のバックアップ)

v=spf1 +a:sv○○.xserver.jp +a:ドメイン.com +mx include:spf.sender.xserver.jp ~all

元のものは削除するか上書きする。

そして、下記のものに変更する

v=spf1 +ip4:XサーバーのIPアドレス +ip4:メールのソースのIPアドレス +a:sv〇〇.xserver.jp +a:ドメイン.com +mx include:spf.sender.xserver.jp ~all

注意点!!

「v=spf1」は2つあってはダメ!!
必ず一つにすること!
反映には数時間かかる!!!

書式が気になる方はここにコピーして書式をチェックする
SPFの書式チェック確認サイト
https://vamsoft.com/support/tools/spf-syntax-validator?_fsi=IFBVYPx5

,これで4時間以上置く。

,変更を確認

これで現在のSPFの状態をチェックする(前のものになっていないか?2つ設定されていないか?)
https://www.cman.jp/network/support/nslookup.html
1,ホスト名を入力する
2,オプションで TXT:テキスト情報
3,dig実行

SPFが変更されていればOK!

,XサーバーのWEBメールにログインして、hoge1@ドメイン.comからhoge2@ドメイン.comなどに送信テストしてみる。

迷惑メールにも入らず、オレンジ色の警告も消えているはず!!!

-コラム

Copyright© 沖縄のホームページ SEOはクラウドスタイル , 2022 All Rights Reserved.