沖縄のホームページ制作・保守管理のクラウドスタイル

沖縄のホームページ制作・保守管理はクラウドスタイル

 050-5866-6853

営業時間9:00〜18:00

コラム

Microsoft Outlookではアカウントを削除してしまうとメールデータもアドレス帳も消えて復元できない

投稿日:

クライアントさんからOutlookのアカウントを消してしまい、メールデータとアドレス帳が消えてしまったので、どうにかできないか?との相談がありました。

私はMacを使っているのでWindowsは日頃使っていないかつ、メールはGmailですべてのメールを送受信しているのでわからなかったので調べました。

OutlookでEメールの設定をするときに、IMAPにしてしまい、メールサーバーいっぱいになって、送受信できなくなる。
(IMAPは、メールをメールサーバーに残すようになっている)

一度、IMAPで設定したものは、POP3に再設定し直すことができない。
(POPサーバーの設定だと、メールをサーバーに残すか残さないか、何日残すなども選べる)

もう一つ、POP3のアカウントを作る。

すると、IMAPとPOP3の両方のアカウントからメールが受信されるので、同じメールがたくさん届く。

POP3のほうで送受信できているので、IMAPのアカウントのほうを削除する。

そうすると、IMAPのアカウントのほうのメールデータとアドレス帳がすべて削除される。

しかも、ゴミ箱とかじゃなくて、復元できない。。。

ゴミ箱ではなく、完全なる削除なので、メールデータとアドレス帳はもとに戻らない(ちなみに予定データも)

なんじゃその仕様は。。。

もちろん、アカウントの削除ではなく、アカウントはそのままでメールデータの削除やアドレス帳の削除は、アカウント内のゴミ箱に入るので、復元できる。

ここまで読むと、IMAPとOutlookの組み合わせは、絶対にしてはいけないものであることがわかると思います。

特にIMAPで設定してしまうと、メールがサーバーの残されるので、メールサーバーがいっぱいになり、メールサーバー上限まで「メールが使える」から使えなくなるまでわからない。

一度、御社がOutlookを使っているならIMAPかPOP3かだけでも確認しておいたほうがいいかも知れない。

さらに、、Microsoft Outlookの公式サイトの情報が最新のOutlookではないので、操作方法がわからないという。。残念なものになっている。

OutlookはIE(インターネットエクスプローラー)に次いで、絶対に使ってはいけないソフトウェアだと言いたい。

-コラム

Copyright© 沖縄のホームページ制作・保守管理はクラウドスタイル , 2022 All Rights Reserved.